トイレの水漏れは原因の追究から

トイレの水漏れは原因の追究から 水漏れが発生するというのは、大きな問題になっていきます。特にトイレの水漏れは、大量に流れ出てしまうようなことも起きてくるため、大参事になることさえあります。そのために、火災保険のオプションを契約するといったことが入居の条件となってくることも珍しくありません。それほど大きな事故につながってくるため、できるだけ早い修理が必要になってきます。異変を感じた時にはすぐにでも修理できるように、普段から対処法を考えておく必要があるでしょう。

■トイレには原因がいろいろとある

トイレに水漏れが起きるというのは、いくつかの原因が存在します。その多くはパーツの劣化といっていいでしょう。トイレは単純なように見えて、給水管からいくつもの部品を使ってタンクへと導き、この水を使って便器の中を流しています。この構造を作るためには、適切な量を貯めてから水を止め、必要な時に流していかなければいけません。パッキンなども多く使いますし、フロート弁やボールタップが必要となってきます。これらのパーツは、使っている間に劣化していってしまいます。時間とともに劣化が進んでいくため、定期的な交換を考えておくだけでも、水漏れ防止に役立つことになるでしょう。
ただし、形状や大きさなど規格がいろいろと存在しています。同じように見えて異なるものもあるため、正確に必要な部品を選ばなければいけません。もちろん、専用工具が必要になることも出てくるため、専門業者に依頼することも必要になってきます。

■水漏れが起きた原因の追究
水漏れには、必ず原因があります。何もないところからは漏れはしません。そもそもの原因は、水が流れてくるからであり、その水がトイレから漏れるのです。この水を止めてしまえば、水漏れはしなくなるので、異常があると感じた時点で、止水栓を閉めてしまえば、止水栓より後方の水漏れは止まります。タンクに水が溜まっているはずなので、この水を流してしまえば、これ以上供給されないのですから漏れません。ここからゆっくりと原因を探していくのがベストな方法です。
止水栓より前の位置から漏れてくる時には、止水栓を止めても水漏れは止まりません。これはどうやってもその場でとめることができないため、元栓を閉めて水の供給を止めてしまうことが必要です。そのあと、点検をして原因を追究していくことが必要になってきます。

■被害を拡大させないこと

対応として重要なことは、被害を広げないところにあります。できるだけ早く対処をスタートすることが必要ですが、流れ出ている状況を考えれば、水を止めてしまうことが一番最初におこなうことになってくるでしょう。
止水栓は、水道管を追っていくことで見つけることができます。元栓に関しては、水道メーターの位置に取り付けられていることがほとんどのため、事前に確認しておくようにしましょう。マンションなどの場合には、玄関口などにメーターが個別に設置されていることがあるため、事前に確認しておけば、いざというときにも対処することができます。
これは、自分で修理するときも重要なポイントですが、修理の依頼をする場合にも、水の供給を止めてしまうことによって被害の拡散を抑えられます。専門業者に依頼しても、まずは水を止めるように指示されることになるので、位置だけは確認しておくことが必要です。

■まとめ
トイレの水漏れは、多くの問題が出てきてしまう大惨事につながる可能性があります。止水栓や元栓を閉めるということから始まって、原因も追究していかなければいけません。原因を見つけられた時点で、自分で直すことができるかどうかを判断するといいでしょう。無理をしても素人では修理できないこともあるので、状況によっては、できるだけ早く専門業者に依頼することが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース